PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スペイン旅行記・後編

さてさてスペイン旅行記後編です。

※ごはん山盛り太郎を探せ!※(上級)
この記事に載せた写真のどこかに、合計3人のごはん山盛り太郎が隠れています。探してみてね!!


前回セビリヤのカテドラルから、
ヒラルダの塔に登りました。
CIMG2354.jpg
高さは約90メートル程あるそうで、ひたすら螺旋状のスロープを登って上まで行きました。
当時は馬車で登ったため、階段でなく坂道なんだそうです。
CIMG2339.jpg
日ごろの運動不足により息を切らしながら頂上到着。
CIMG2337.jpg
なんとも大きい鐘がいくつも。わりと最近まで手動で鳴らしてたとか。
CIMG2358.jpg
周辺には馬車がいっぱい!
CIMG2360.jpg
途中、通り雨が来たので雨宿り。止む際に虹が二本出来てました。これなら雨も悪くないですね。
CIMG2374.jpg
サンタクルス街。オレンジの並木も多くカラフルで可愛い街並みでした。
CIMG2380.jpg
この日の夜は比較的元気が余っていたので友人と、行った場所のおさらいをしつつ落書き大会。
友人画のサグラダファミリアがえらいことになっていた。(右

■コルドバ
CIMG2471.jpg
ローマ橋おっきい!こういうの見るとRPG好きな私は宝箱とか探したくなります。
画像 056
メスキータ大聖堂。アーチが揃っている光景が神秘的。
CIMG2413.jpg
宗教が混在してるので部屋が代わるだけで雰囲気もガラリと変わります
画像 048
旧市街にある花の小路。スペインでは日陰を多く作るためにあえて道を狭くしているらしいです。
迷路みたいで歩くだけでも楽しい。
CIMG2459.jpg
…と思って自由時間、調子に乗り冒険ごっこしてたら迷子になりました。友人が道を聞いてくれて何とか脱出。全力疾走したのでそりゃ写真もブレまくりです。これもこれで楽しかったですが^^


■ラ・マンチャ地方
CIMG2474.jpg
ドンキホーテゆかりの地。レストラン前には像も建ってました。
CIMG2483.jpg
ドンキホーテが戦いを挑んだ風車。大きすぎて写真には到底納まりきらないです。
丘上に白い風車が9基並ぶ光景はものすごくファンタジック。
CIMG2487.jpg
空もきれい。
風車の中にも入ることが出来、小麦を挽いていた場所も見れました。ただ階段が小さくて怖かった…
CIMG2502.jpg
この日はかなりゴージャスなホテルでの宿泊。晩御飯は付近のレストランでステーキ…デカいって!


■マドリード
CIMG2503.jpg
朝ごはんもそれとなくメニュー豊富。久々の紅茶がうまい。
ケーキが沢山置いてあったので気付けば糖分ばかり摂ってました。
CIMG2514.jpg
午前中はプラド美術館へ。世界3大美術館のうちのひとつだけあり、広すぎて回りきれない。

午後からはまるごとフリータイムだったので、ここから私達はツアーを離れ、自力でトレドへ向かう事に。
列車の時刻まで時間があったので市内をうろちょろ。
CIMG2522.jpg
こちらはあの「ゲルニカ」が展示されている国立ソフィア王妃芸術センター。
今回こちらは目的では無いので売店だけ見て出ました。
画像 030
昼食代わりにバルでチュロスを注文!チョコをつけて食べます。あまさ控えめ!
画像 031
そろそろ列車の時刻になったのでマドリッドのアトーチャ駅へ。
なんだか駅構内が森林でした。


■古都トレド
画像 029
座席が分からない所を親切な方に教えて頂いたりして、無事トレド駅到着。
画像 027
日本で言う京都のように、古い街並みが残る城塞都市。
奥に見えるのが大聖堂。また狭い道ばかりなので、見えているからと油断すれば迷子になります。
CIMG2556.jpg
大聖堂。内部は写真撮影禁止でしたがかなり綺麗でした。
CIMG2575.jpgCIMG2574.jpg
そしてやっぱり盛大に迷子
人がいねぇ
CIMG2579.jpg
親切な地元のアルムおじいさんに途中まで付いてきてもらい
ポリスに指差しで道を教えてもらい
なんとか開けた場所へ。
CIMG2583.jpg
駅に帰る途中、橋からの眺めが幻想的で感動しました。
CIMG2593.jpg
さよならスペイン。

本当に何もかもが芸術的な国でした。
国内では味わえないような広々とした開放感もあって本当に良い経験になったと思います。
お世話になった友人とツアーの皆さんに感謝。
また時間が出来たら行きたいですヨーロッパ。
スポンサーサイト

| 旅行記 | 23:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT